クラウドファンディング

 2023年8月19日。伊豆のとあるリゾートホテルへやってきた、幼馴染の佐野と宮田。2人は海辺の様々な場所を巡りながら、かつて失くした赤い帽子を探し始める。ここは5年前、佐野が亡き妻・凪と初めて出会い、恋に落ちた場所だった——。
第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督コンペティション部門正式出品作『息を殺して』や、第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に正式出品されたダミアン・マニヴェルとの共同監督作『泳ぎすぎた夜』など、世界が注目する五十嵐耕平監督による待望の長編最新作『SUPER HAPPY FOREVER』。

 昨年、第71回サン・セバスチャン国際映画祭でプレミア上映された短編映画『水魚之交』を基に製作した本作にはダミアン・マニヴェルも共同プロデューサーとして参加し、ポストプロダクションをフランスで行うなど、日仏合作での製作が進められた。
短編に引き続き佐野役を『TOCKA [タスカー]』や『愛にイナズマ』、『浜の朝日の嘘つきどもと』での好演も光った佐野弘樹が、宮田役を『サボテンと海底』や「TOKYO VICE Season2」、濱口竜介監督『悪は存在しない』で強烈な印象を残した宮田佳典が務める。そして、今泉力哉監督『猫は逃げた』で注目を集め、近年では『走れない人の走り方』など話題作への出演が続く山本奈衣瑠がなぎ役を演じた。

 思いがけない出会いがもたらす幸せも、別離がもたらす悲しみも、月日とともに過ぎていく。しかし、“人生のかけがえのない瞬間”は、そんな時の流れにこそ隠れている。本作では5年前と現在という2つの時間の中で、「青春期の終わり」を迎えた人々の奇跡のようなひとときを、さりげなくも鮮やかに記録した。

1993年12月8日生まれ、山梨県出身。ドラマではNETFLIX「FOLLOWERS」(20)やNHK連続テレビ小説「舞い上がれ!」(22)へレギュラー出演。映画の主な出演作に、主演を務めた櫛田有耶監督『焼け石と雨粒』(22)のほか、石井裕也監督『町田くんの世界』(19)、タナダユキ監督『浜の朝日の嘘つきどもと』(21)、鎌田義孝監督『TOCKA [タスカー]』(22)、石井裕也監督『愛にイナズマ』(23)、『本心』(24)など多数。

1986年9月22日生まれ、大阪府出身。2017年、劇団柿喰う客に入団。舞台へ出演する傍ら、岸善幸監督『あゝ、荒野 後編』をはじめとした映画や、ドラマ「宮本から君へ」(18)、NHK連続ドラマ小説「まんぷく」(18)などへと活動の幅を拡げていく。近年の出演作に、主演を務めた藤本楓監督『サボテンと海底』(22)や、WOWOWオリジナルドラマ「TOKYO VICE Season2」(23)、濱口竜介監督『悪は存在しない』(23)ほか。

1993年11月12日生まれ、東京都出身。モデルとしてキャリアをスタートし、雑誌やCM、ショーで活躍する。2019年から俳優業へも挑戦を始め、オーディションを経て主演に抜擢された今泉力哉監督『猫は逃げた』(21)で注目を浴びる。近年では4月公開の蘇鈺淳監督『走れない人の走り方』(23)で主演を務めたほか、公開待機作に『ココでのはなし』(こささりょうま監督)、『夜のまにまに』(磯部鉄平監督)などがある。

1999年8月27日生まれ、ベトナム・ホーチミン出身。2019年、留学のため来日。専門学校を卒業し介護福祉士として働くかたわら、ベトナム映画のナレーション等に参加する。演技未経験ながら、本作で映画初出演。キーパーソンとなるアン役を見事に演じ切った。

1983年、静岡県生まれ。東京造形大学在学中に制作した初長編映画『夜来風雨の声』(08)が、シネマ・デジタル・ソウル2008にて韓国批評家賞を受賞。その後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の修了作品『息を殺して』(14)が第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督コンペティション部門に正式出品され、高い評価を得る。日仏合作でダミアン・マニヴェルとの共同監督作『泳ぎすぎた夜』(17)は第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門、第65回サン・セバスチャン国際映画祭など     国内外の映画祭に正式出品され、日本やフランスをはじめ各国で上映された。『SUPER HAPPY FOREVER』の基となった短編映画『水魚之交』は2023年、第71回サン・セバスチャン国際映画祭でプレミア上映されている。

ページトップへ戻る